『風の惑星/スリップストリーム』(1989)の作品情報と感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

作品情報

タイトル
原題
風の惑星/スリップストリーム
SLIPSTREAM
監督
製作
スティーヴン・リズバーガー
ゲイリー・カーツ
制作年度1989
制作国イギリス
出演者マーク・ハミル
ボブ・ペック
F・マーレイ・エイブラハム
ビル・パクストン
キティ・オルドリッジ
脚本スティーヴン・リズバーガー
チャールズ・ポーグ
トニー・ケイデン
音楽エルマー・バーンスタイン
ジャンルSF
備考DVD未発売
参考元(https://www.allcinema.net/cinema/)

あらすじ・解説

カリフォルニア カリフォルニアに住む地味なオクテ少女ワンダが、失踪した父を追ってアフリカへ飛ぶ。地底世界の探索をしていた父の発掘現場を訪れたワンダは誤って深い穴の中に落ちてしまうが、目覚めるとそこには異世界が広がっていた。失われたアトランティスが地底にその文明社会を築いていたのだ。だが地上人であるワンダは“エイリアン”と見なされ政府に追われることになる……。A・ピュンが、トラブル続きだった「地底帝国の謎」のセットとキャラクターを借りて作り上げたでっち上げSFファンタジー。健康的なお色気 文明は絶え、風が吹き荒び、グライダーだけが人々の交通手段である未来の地球。やっとのことでタスカー(ハミル)とエリアル(オルドリッジ)が逮捕したお尋ね者“バイロン”(ペック)を、賞金欲しさのマット(パクストン)が奪う。マットとバイロンは風の道を下流に逃げるうち、次第に友情が芽生えるが、文明を嫌う部族に捕らえられ、タスカーたちに追いつかれてしまう。実はロボットだったバイロンが虜となっている空中牢から助けるため三人は協力するが、その作業中、マットとバイロンが逃げようとしたため、ロープから離れた空中牢にぶつかってタスカーは行方不明となる。エリアルは二人を連れ、さらに下流へ向かう。そこには、まだ文明の生き残っている場所があったのだ。“完全になれない不完全な人間と、人間になれない完全なロボット”(タスカーの台詞)の友情の物語。例えるなら砂漠の「ブレードランナー」。のんびりした演出でテンポを欠くが、パクストンとペックのキャラクターが救いに。ハミルは、そうだと言われても判らないくらいに「スター・ウォーズ」の頃とは、まるで別人のよう。

https://www.allcinema.net/cinema/

感想

こいつにはマーク・ハミルが出てくる。 マーク・ハミルはスターウォーズでルーク・スカイウォーカーを演じている俳優で俺にとってはヒーローだ。

しかし、wikipediaを見るとこう書いてある。

ー『スター・ウォーズ』シリーズの「エピソード4 -6」出演以降の映画でのキャリアは低迷しており、B級SF映画などの出演にとどまっていた。ー(参照wiki)

間違いなくそのB級SF映画の一つはこの映画である。

舞台は未来。風の吹き荒れる荒廃した地球では皆がグライダーで移動している。

その中で「バイロン」という賞金首の男を取り合う、というなんともくだらそうな話だが実際くだらない。

風が全てなので風を崇拝しているという設定は真新しさがある。途中に出てくる部族も未来的な視点かもしれない。

昔のSF映画にはよくある、ロボットやサイボーグを人間がそのまま演じて服や何かを身に着けることでメカ的な描写をしなくてもいい、というのを逆手に取った展開も面白かった。

しかし、話としてくだらない。

←マーク・ハミル

もちろん話がありふれていても演出や美術の凄さで目を惹きつけたり、映画自体にパワーがある作品は沢山あるんだろうけど、この映画はパワーも弱かった。

メインで出てくるヒロイン役がほぼおばさんだったり、マーク・ハミルが中盤一切出てこないのも俺的には辛かった大きな原因だろう。

とはいえ、見る価値はあった。

12月に公開されるスターウォーズへの意気込みがどうも足りていなかったのだ。

それもこいつのおかげで少し持ち直したような気がする。

加えて言うと、エンドロールの映像や音楽がとても良かった。

とりあえずありがとう『風の惑星/スリップストリーム』。

名前からして憎めない。

俺は長男としてそう思った。

ネット在庫情報

・Amazon

・楽天


・その他

未調査

[VHS→DVD]ダビングサービス

Video Video Cassette Cassette  - DS-Foto / Pixabay

もし今持っているVHSがあれば、DVD等のデジタルデータにダビングした方が良いかも、、、、?

というのも、、VHSはその特性上どんどん劣化してしまうのです、、!!

ビデオテープの映像は磁気で記録されています。磁気は10年も経つと徐々に劣化しますので画質が悪くなるばかりか再生できない!といったトラブルが多く見受けられます。特にminiDVデジタル信号を磁気で記録しているのでちょっとした劣化で映像がまったく映らない・音声が出ないなど問題が多いメディアとして有名です。更には湿気や温度など理想的な環境で保管されているご家庭は少ないのが実情です。テープ自体が劣化しては想い出を再生することすらできなくなってしまいます。後悔しないよう出来るだけ早いうちに手を打つべきでしょう。

想い出ビデオDVDダビング工房

特に8mmテープ等で撮影されたホームビデオをVHSとして保管する意味はほとんど無いと言って良いでしょう。

デジタル時代が急速に進み、miniDVもHi-8もVHSデッキは全メーカー再生・録画機器の製造中止を各メーカーが発表し現在市販されている機材は既に存在しません。ご家庭の耐用年数を過ぎた機材は故障しても買い換え出来ない時代に入ってしまいました。中古機材も当然割高となり、機材テープの相性問題もありますのでテープを巻き込んだりなどトラブルを回避する知識も必要となってきます。希少な環境となると我々も機材の調達など難しくなり、機材やダビングの料金を低く抑えられるのもあと数年の内と予測されています。

想い出ビデオDVDダビング工房

VHSからDVDにダビングしてくれる大手メディアメーカーを2つ紹介させていただきます。

株式会社JVCケンウッド・クリエイティブメディア

ビデオテープ(VHS , VHS-C , 8mmビデオ/Hi8 , miniDV)をDVDにダビングします。
想い出が消えてしまう前にDVDへダビング!

<ビクターダビングサービス>

株式会社ソルトワークス

VHS、8mmビデオ、miniDVなどのビデオテープをお手頃価格でDVDにダビングできるサービス「想い出ビデオDVDダビング工房」

想い出ビデオDVDダビング工房

動画配信サービス

People Woman Tv Movies Television  - JESHOOTS-com / Pixabay

VHSとの出会いのなかで得られるエンタメ体験も捨てがたい、、

しかーし!、ご自宅や出先で気軽に楽しめる各種動画配信サービスが沢山あります!!!
たった一つのストリーミングサービスに登録するだけで数万〜数十万の動画コンテンツを観れてしまうなんて、、、、、

配信内容も結構な頻度で入れ替わるので、もう観れないと思っていた作品が観れちゃったり????

・『dTV』 (音楽・アニメに強い)

・『U−NEXT』(コンテンツ数国内最多)

・『FOD PREMIUM』(国内ドラマ・バラエティに強い)

・『DMM 見放題chライト』(パチスロ、アダルト❤️動画はココ)

・『amazon prime video』(他サービス使えてコスパ最強!!)

最後に

Vcr Video Tapes Movie Old Retro  - InspiredImages / Pixabay

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

VHSを観るためにはビデオデッキが必要です。
わざわざ面倒なことをしてまでこんな映像を観る必要があるのか、正直分かりません。

なんなら面白くないね〜」と思いながら最後まで観終わっちゃう場合が殆どです。
しかし、なんでもない時間を愛する力宝探しのワクワク感が得られることは間違い無いでしょう。

それでは、みなさん良きVHSライフを!!

SNSのフォローと音楽の視聴をお待ちしています。。。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*